「古代史に輝く秋田城-よみがえる最北の古代城柵-」と雉

 7月24日(日)、秋田城跡歴史資料館を訪れた。ここでは年2回企画展が行われている。今年度前期の企画展は「古代史に輝く秋田城-よみがえる最北の古代城柵-」。秋田市が史跡秋田城跡の発掘調査を開始して今年でちょうど50年。半世紀に及ぶ発掘調査をもとにこれまでに分かった最北の古代城柵の役割や魅力について紹介している。 秋田市立秋田城跡歴史資…
コメント:13

続きを読むread more

田んぼアート

 7月17日(日)、青森県南津軽郡田舎館村を訪れた。田んぼアートが見頃を迎えたとの情報を得て。田んぼアートは7月中旬から8月中旬頃に葉の色が鮮やかに変色して見頃を迎える。  田んぼアートとは田んぼをキャンバスに見立てて、色の異なる稲を植えることで巨大な絵画や文字を表す芸術である。現在では国内で約150ヶ所、さらに海を越えて中国でも行わ…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

特別展 冨田伊織 新世界『透明標本』展

 7月10日(日)、秋田県立美術館を訪れた。でもその前にあきた芸術劇場ミルハスを訪れた。ミルハスは老朽化した秋田県民会館を解体してその跡地に建てられた文化施設である。9月23日にグランドオープンするが、6月6日に開館した。グランドオープンまで何のイベントも予定されていないし大ホールには入られないが、オープンスペースには立入することができ…
コメント:24

続きを読むread more

末野道祖神

 7月3日(日)、秋田県横手市大森町の末野道祖神の作り替えを見学した。ここには6月5日に「藤巻の厄神立て」に参加した時にも訪れている。  村境や峠などの路傍にあって外部からの疫病や悪霊などの侵入を防ぐ村の守り神として祀られる道祖神がある。全国的には石碑や石像が多いが、稲作の盛んな東北を中心に木や藁で作られた道祖神も存在する。木や藁で作…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

菖蒲園

 6月26日(日)、秋田県三種町のじゅんさい沼を訪れた後、帰りに秋田市にある秋田県立小泉潟公園の菖蒲園を訪れた。多分そろそろ見頃ではないかと思って。 秋田県立小泉潟公園にある菖蒲園には約120種7万株のハナショウブが栽培されている。6月中旬には早生種が咲き出し、中生種、晩生種が順に咲いて7月中旬頃まで花を愛でることが出来る。  ち…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more