今代司酒造

 12月12日(日)、青春18きっぷで新潟まで各駅停車の鉄道旅をした。今回は秋田から新潟までの往復。旅程は以下の通り。

秋田発6:49 酒田着8:44発9:36 村上着11:42発12:26 新潟着13:36
新潟発17:21 村上着18:38発18:50 酒田着21:02発21:25 秋田着23:09

 新潟滞在時間は4時間足らずで殆ど列車の中の強行軍である。でも学生時代からそんな鉄道旅は何度も繰り返しており、列車内の中での過ごし方を心得ている。問題は4時間足らずの滞在時間で、新潟で何をするかだ。もちろん計画は立てている。

最初に途中下車した酒田駅。
IMG_5270.JPG

 駅のNewDays(JR東日本の駅コンビニ)で購入した「弁慶おにぎり」。おにぎりの表面に味噌を塗り青菜で包んだ庄内地方の郷土料理。本来はこれを焼きおにぎりにして食べるらしいが、このままで美味しかった。
IMG_5271.JPG

 左が私が秋田駅から乗ってきた秋田支社の701系電車。右が次に乗る新潟支社のGV-E400系気動車。
 気動車とはディーゼルエンジンで走る列車である。羽越本線は全線電化されているが村上駅以北は交流2万V(50Hz)、以南は直流1500Vとなっている。そのため直流交流両用電車が必要となるが、これはかなり高価なので安価な気動車が使用されている。なお羽越本線を村上駅を跨いで走る特急いなほは直流交流両用特急型電車であるE653系電車が使用されている。
 酒田駅は新潟支社と秋田支社の管轄の境界の駅である。
IMG_5272.JPG

折り返し運転なので、既に秋田行の表示に変更されていた。
IMG_5273.JPG

GV-E400系気動車には、両運転台のE400形、片運転台トイレ付きのE401形、片運転台トイレなしのE402形がある。
GV-E400系は秋田支社でも電化されていない五能線や津軽線などで使用されている。秋田支社と新潟支社では老朽化したキハ40系気動車をここ数年の間にGV-E400系に交代させた。
IMG_5274.JPG

IMG_5275.JPG

車内はこんな感じ。乗客は少なかった。
IMG_5276.JPG

IMG_5277.JPG

 村上駅到着と同時に酒田行の特急いなほが入線した。「いなほ」は新潟-酒田・秋田間を白新線・羽越本線経由で運転する特急列車である。かつては奥羽本線経由で青森まで走っていたが、秋田-青森間は特急つがるに置き換えられた。「いなほ」の命名は国内有数の米どころである新潟県・山形県・秋田県を走ることから。
IMG_5278.JPG

IMG_5279.JPG

 E653系電車は常磐線の特急ひたち用として開発されたが、JR東日本管内の485系との置換を視野に開発された。クロE652は「いなほ」転用のために改良された電車である。
 クロのクは制御車、ロはグリーン車を意味する。
IMG_5280.JPG

IMG_5281.JPG

急に発車したためにブレてしまった。IMG_5282.JPG

村上駅到着IMG_5283.JPG

次の機会には村上を目的地として来て、瀬波温泉や村上城跡なども巡ってみたい。
IMG_5284.JPG

村上駅に展示されていた鮭のぬいぐるみ?IMG_5285.JPG

村上から新潟まではこの列車で。
IMG_5286.JPG

IMG_5287.JPG

 E129系電車は新潟支社で広く使われている耐寒耐雪使用の電車である。E129形とE128形の2両ユニットで編成される。E129形には制御装置と集電装置が、E128形には空気圧縮装置と補助電源装置が搭載されている。
 クモハのクは運転台のある制御車であること、モはモーターで動く電車であること、ハは普通車を意味する。
IMG_5288.JPG

IMG_5289.JPG

新潟駅に到着して駅近くの願浄寺を参拝した。
IMG_5290.JPG

ちなみに私は真宗大谷派の門徒である。
IMG_5291.JPG

IMG_5292.JPG

次に白山神社を参拝した。新潟市中央区一番堀通町に鎮座する同名神社と区別するために沼垂(ぬったり)白山神社とも呼ばれている。



IMG_5293.JPG

IMG_5294.JPG

IMG_5295.JPG


最終目的地の今代司酒造に到着。

IMG_5297.JPG

酒蔵のソフトクリームは何故こんなに旨いのだろうか。IMG_5298.JPG

帰りにこの純米大吟醸を買った。
IMG_5299.JPG

酒蔵見学ツアーまで時間があったので、となりの和室を見学した。
IMG_5300.JPG

IMG_5301.JPG

IMG_5302.JPG

IMG_5303.JPG

IMG_5304.JPG

IMG_5305.JPG

地酒ガチャしてみたら5等が当たった。IMG_5306.JPG

IMG_5307.JPG

IMG_5308.JPG

IMG_5309.JPG

IMG_5310.JPG

IMG_5311.JPG

IMG_5312.JPG

 越淡麗は平成8年に新潟農業試験場で誕生した酒造好適米である。新潟県を代表する酒米である五百万石と兵庫県の山田錦を交配した種である。
精米歩合は玄米を磨いて残りの割合を表したものである。60%以下で吟醸酒、50%以下で大吟醸酒を名乗ることが出来るが、40%とはなかなか凄い。
IMG_5313.JPG

IMG_5314.JPG

IMG_5315.JPG

 五百万石は新潟県を代表する酒造好適米である。50%以下まで磨くとコメが粉砕されてしまうため、大吟醸酒には向かない。
IMG_5316.JPG

IMG_5317.JPG

IMG_5318.JPG

IMG_5319.JPG

IMG_5320.JPG

IMG_5321.JPG

IMG_5322.JPG

IMG_5323.JPG

IMG_5324.JPG

IMG_5325.JPG

IMG_5326.JPG

圧搾機。これで発酵終了した熟成もろみを酒と酒粕に分離する。
IMG_5327.JPG

こちらが酒粕とのこと。ここでは購入しなかったが、我が家では酒粕を利用した料理や漬物、甘酒など結構頻繁に口にしている。
IMG_5328.JPG

かつてこんな自販機があったらしい。
IMG_5329.JPG

IMG_5330.JPG

IMG_5331.JPG

IMG_5332.JPG

IMG_5333.JPG

IMG_5334.JPG

IMG_5335.JPG

IMG_5336.JPG

IMG_5337.JPG

ここで15種の酒をテイスティングした。至福の一時を過ごすことができた。
IMG_5339.JPG

今代司酒造の御酒印。
IMG_5349.JPG

 今代司酒造から新潟駅に戻る途中で見かけた案内板。
 渟足柵は大化3(647)年に築城された古代城柵で、現在の新潟市東区にあったと考えられている。勢力を北進させていた大和朝廷の拠点で、大化4(648)年には現在の新潟県村上市に磐舟柵が、和銅2(709)年には山形県庄内地方に出羽柵が築城された。出羽柵は天平5(733)年に秋田市に移され、760年頃に秋田城に改名された。秋田城は日本最北の古代城柵であるが、渟足柵は秋田城に至る朝廷勢力の拡大過程の大きな拠点の一つであった。
IMG_5341.JPG

JR新潟駅
IMG_5342.JPG

IMG_5344.JPG

IMG_5345.JPGIMG_5346.JPG

IMG_5347.JPG

 ちょっと飲み過ぎて殆ど眠りながら帰路についた。とても楽しい旅だった。

羽越本線
新津・・・・・新発田・・・・・・・村上・・・・・・・・・・・・・・・・鶴岡・・・・・・・・酒田・・・・・・・象潟-金浦-仁賀保羽後本荘・・羽後亀田羽後岩谷-下浜新屋秋田

白新線
新潟・・・・・・・・新発田

信越本線
新津・・・・新潟

この記事へのコメント

shadom
2022年03月04日 13:58
こんにちわ^^))
新潟・秋田地区の電車最高ですね^^))
新潟に撮影しに行くときは、E653系いなほ(元常磐線特急:フレッシュひたち号)E129系も撮りに行きます^^))
秋田方面は、583系が走っていた時は良く通いましたが、廃車になってからは訪れてません~~));;
新潟地区では、今月にE129系最終増備車(新車)が製造されてしまい、3月12日のダイヤ改正では、越後線・信越本線・弥彦線で活躍している元中央東線からの転属車、国鉄車両最後の115系1000番台車も淘汰される予定で、国鉄車両がいよいよ見られるのも最後になるかもしれません~~));;
降魔成道
2022年03月05日 21:30
shadomさん、コメントありがとうございます。
列車は良いですよね。私は乗り鉄なので駅での撮影が多くなってしまいます。583系は秋田総合車両センター南秋田センターに1両だけ保管されていたような気がします。後日確認してみます。E751系は常に何両化待機しています。115系1000番台もいなくなりますか。寂しくなりますね。

この記事へのトラックバック